2011年05月01日

『A Single Man』

洗練された、素晴らしい映画。アイテムのひとつひとつが引き立ち、
シーンのひとつひとつが印象的。

A Single Man
A Single Man


映画を見終わってからこれが、デザイナーであるトム・フォードの初めての監督作で
あったと知りました。途中でキューバ危機のラジオが流れていることでようやく年代が
つかめたくらい、ジョージの家は洗練されていて、古さを感じないことに驚いた。

服の並べ方、アイテムの置き方、すべてが計算しつくされていて美しい、
その上コリン・ファースのこれまた洗練された演技が憂いを醸し出しその相乗効果で
この映画を完璧にしつくしているよ…。恐るべし、新人監督。
この色調は有名になる前のクリストファー・ノーランを
なんとなく思い起こさせた。彼のデビュー作も相当洗練されていたから。

ストーリーはゲイである英国人教授ジョージのとある一日を追っている。
彼は16年も連れ添ったゲイのパートナーをなくしたばかり。
この日をもって彼もその人生に幕を引こうとしている。

大切な人を失って、彼はもう自分が生きていくことに意味がない、と思っている。
だけど、人と人は色んなところで繋がっていて、彼はそれを深く味わうことになる。
ダークな色調のオープニングに比べてだんだんと明るくなっていく彼の世界。
今は悲しみで打ちひしがれている彼だけど、元々はユーモアのある楽しい人なんだな、
というところが後半でちらりほらりとわかってくる。
この日一日で、彼は何人の人のことを考えただろう…。家政婦、受付のお姉ちゃん、近所の子どもetc
私が一日でこんなに沢山の人のことを考えたこと、あるかな、と思っちゃった。
目を凝らしてみれば、きっと色々なものや人が私達に毎日関わっているわけで、
普段は忙しさにかまけて、そして当たり前なことにかまけて気付かないだけなんだよね。

ジムとの出会いを思い返すシーンや、同じ種類の犬にキスするジョージの姿が切なかった。
こんな繊細な演技を出来る人はやっぱりコリン・ファースくらいしか今考えられないかも。
アメリカにいるブリティッシュという設定もまた面白い。彼の英語はコテコテのブリティッシュではなく、
アメリカ英語と面白い具合にミックスされていたのも興味深い。

ラストのフクロウ、私はあれを見たとき迎えがきたのか、それとも自由になっていいよ、と
言いに来たジムだったのか、と思ったんだけど、まさかそう来るとは…。
ラベル:映画「さ」行
posted by minori at 20:49| 宮城 ☁| Comment(6) | TrackBack(2) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。