2011年02月15日

『Hereafter』

Hereafterという単語には
「あの世」とか「来世」という意味もありますが、
私はあえてこの映画では「先のこと、これから」の意味合いが
強かったんじゃないかと思います。
やっぱり、クリント・イーストウッドなだけにどっしり地に足がついていた。

Hereafter
Hereafter

変な風に宗教なんかを絡めると、これはきっとニコラス・ケイジの
『Knowing』みたいになっちゃうんですよね、きっと。
何だかあまりしっくりこない感じにアメリカではこの映画、そんなに
売れなかったようですね。

敢えてあの人たちがどうなったとかこうなったとか、
死後の世界ばかりにフォーカスを当てずに、生きている人たちの
苦悩や悲しみを描いたこの作品、私はとても好きでした。

マットが演じるジョージ。
贈り物ではなく、呪いなんだ、という言葉が、悲しいですよね。
彼は普通になりたいのに普通になれない、
アニキは「どうせ普通になれるわけでもないからさ、利用したらいいのに」
という無責任さ。これはこんな能力がないから誰にも理解し得ないもんだよね。
そこに足元を見た(養うものがないから)依願退職って、
そういう災難にあっちゃう彼のことを思うと最後の妄想も
理解してもらえる人だからね、期待しちゃうよね、と思っちゃう。
個人的にはあのシーンはどうかと思ったけど。(いらない?)

マリーに関しては成功者だっただけに(笑)あまり深く思いを入れてみることが
出来ませんでした。でもこの人も繊細ないい人なんだよね。
子どもを助けようとした行動でも彼女の人となりが伺えるだけに。

そしてやっぱり気になる双子のエピソード。
ある日突然、当たり前のようにいた人がいなくなったら
誰もが耐えられないはず。それをあの小さな子が一人で向き合おうとする
その真摯なまなざしがせつなすぎる。
双子は特につながりが強いから帽子のエピソードだって
(あのシーンがいるかいらないかについては賛否両論あるだろうけど)
実際にありそうな気がするもの。

どうだろう、うちのジイさんは昔、日本で起きた大きな電車の事故に遭遇しています。
乗る車両を間違えていたら彼は間違いなく死んでいたそうです。
そんなじいさんはその電車に乗る前に「昔の同僚にあって」そっちの車両に
変えたそうです、だけど、じいさんはその同僚を見つけられなかった。
数年後に聞いたところ、その同僚はとっくに戦争で亡くなっていたそうです。

信じるも信じないもその人次第。私は基本的に現実主義者だから
そういう話には懐疑的ですが、ただうちのジイ様、そのほかに二度も命拾いを
しているんです。彼は単なる「強運の持ち主」だったのか、それとも
「何かを感じることが出来る」人だったんだろうか。

まぁまぁそういうことも思い出しつつ、双子のアニキのしゃべり方には
思わず笑ってしまいました。

実際に双子ちゃんなんだそうですね。片方出番少なくて、ちょっと気の毒?

そうそう最後に、音楽、音楽。
オープニングから音楽が印象的だった映画でした。やっぱりイーストウッドらしい。
イタリア料理のオペラもよかったです。

あ、料理教室、私もいってみようかな(笑)

*まさかこの映画を見たときにあの地震と津波が自分の町でおこるなんて思っても
みませんでした。本当に悲しい出来事ですし、私自身、たまたまずっとオーストラリアに
いるだけで、故郷はいつでも仙台のままです。
しばらくこの映画のオープニングのシーンの夢も見たりしました。
だからやっぱりこの映画は地元の友達には絶対おススメできません。
本当は希望に満ちた作品なだけに、とっても残念なんですけれど。

被災者の皆様、本当に大変な時間を過ごしていると思います。
何もできない私ですが、皆様のことは毎日考えています。

こちらのブログでオーストラリアからのみんなの気持ちを私とオーストラリア人の
友人で綴っています。世界は繋がっています。
どうか、どうか気持ちをしっかりして、また新しい明日を見つけていきましょう。
ブログはこちらです。

blogpic.jpg
ラベル:映画「は」行
posted by minori at 21:02| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(6) | 映画「は」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。