2011年02月07日

『Soul Kitchen』

ちょっとクセがあるけど、是非一度は足を運びたい。
そんなソウル・キッチンはドイツのハンブルグに。

Soul Kitchen
Soul Kitchen

大げさなアクションで笑いを誘うわけでもなく、
ささやかに、でもくすくす笑ってしまう上質の映画だったと思います。
さりげなーいところでツボに入っちゃって、
ボタンのところなんて大笑いしちゃった。
というのもあの爺さん、実は大金持ち、なんて思ってた矢先だったから。
なるほどそういう役の立ち方ね、みたいな。

主人公はギリシャ系なんですね。名前が凄い(笑)
ハンブルグの寂れた感と、でも時折見える港町ならではの雰囲気、
船や建物なんかにもうっとり。
あのレストランだって(食堂?でもラストはナイスカフェバー!)
最初はうわー絶対ヤだし、と思ってたんだけど、
だんだん行きたい、と思わせるところが凄い。

でもね、ズゥイノス(わ、カタカナ難しい!)のお皿の置き方は
最初から愛があった。だから彼がイヤイヤやっているわけではなく、
あの場所を愛しているんだな、というのは最初からひしひしと伝わってくる訳。
実際に、主人公を演じたアダムは料理店を経営していたらしい。
なるほど、本物の愛ですね。
彼の腰の痛いっぷり、リアルで面白かった。教えてもらったダンスを忠実に
やっているところもかわいい。

芸術家のウェイトレス、バンドマンなスタッフ、そしてエキセントリックなシェフ。
出てくる人それぞれアジがある。

特に、シェフ。
あの「ガスパチョをマイクロウェーブ(電子レンジか)に入れろ」っていう
言葉に切れる気持ちは食べ物を人に提供したことのある人ならわかるはず!
そもそも丁寧に味付けをしたものに塩をバンバンいれる人を見るだけで
シェフは悲しいもんね。このシェフがアジがあって好きだったなー。
あのクラップな冷凍食品まで彼はお見事に変えたからね。それだけでも
才能があることが伺える。出来ればもうちょっと活躍してほしかったな。

あのアニキもまたアジがある。いい目をするんだよ。
とても悪いやつにはなれない。モンテ・クリストに傷ついちゃうあたりもね(笑)

レストランて本当に雰囲気が大切。働いている人が楽しんでないと、
やっぱり食べ物もまずくなる。
このソウル・キッチンにはソウルがある。是非、行って見たいものです。
あのデザートは…ちょっと怖いが。
続きを読む
ラベル:映画「さ」行
posted by minori at 21:37| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(3) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Serious Man』


世の中、こうも不幸は続くものなのか。

A Serious Man
A Serious Man

大衆向けの作品が『True Grit』だとしたら
一年前に作られたこの映画は「好きだから、やりたかったから、作ったでしょ?」
というコーエン兄弟のアジが出たカンジ。
No country for old menで一気にメジャーに
なってしまった(まぁその前売れてたけど)感がある彼らですが、
これは「どうなの?」と配給会社がストップしてたのか知らないけど、
どうやら日本ではまだ未公開だそうですね。(でももうすぐでやってくるらしい)

というよりもまずこのバッググラウンドが日本人には理解しづらいんだろうな、と推測。
ユダヤ教やラバイ(日本語だとラビですが、英語だとラビじゃ通じないよー)は
なじみがないもんね。そこをまず理解するのに苦労しちゃいました。
英語の字幕をつけてみたんですけど、それでも一瞬「???」となるものが
多くて、ちょっと大変でした。
ってか未だにわからない「gett」これ何?
その後に、まぁ宗教的な離婚だよ、みたいなことを言ってたけど。

まぁまぁ、宗教はともかく(いや、大いに関係あるが)、このラリーさんには
とてつもなくわんさかと不幸がやってくる。
これ見た大半の人が「私、まだマシかな」と思えるはず。
彼自身はもうただただ受身で、「キレなさい!今!」といいたくなることも
しばしば。そして彼自身はSerious Manだから絶対どうにもならねぇよ、
という人たちにアドバイスを求めちゃう。
実際、あのアドバイスったら!歯の話!私ならモノを投げそうです(笑)
それでも懲りずに行くところが凄いよね、彼。
そしてあのSyね。Syもどうしてお前そんな態度が取れるのかしら、というくらいの
厚顔な人。びっくりー。ああいう人いるのかなぁー。

そしてその不幸の勢いは留まることを知らず、いやぁな予感を残して終わっていく。

なんか無性に色々考え込んじゃった、私。
ま、映画だからってね、そりゃね、この状態でうまく行ったら、そりゃおかしいもんね…。
posted by minori at 21:25| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画「さ」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。