2011年01月31日

『The Town』

監督としての才能はあるんだろうな、と思うんだけどね、ベンベン。

The Town
The Town


Gone Baby Goneがよかっただけに、ちょっとハードルが
あがっちゃったのが可哀想だけど、最初まではよかったのに!!
ボストンの撮りかたとかね、凄く上手いと思うんですよ。
間違いなくボストンを舞台にした映画ならばトップにあげたいです。
(結構ありますね、ボストン映画)

多分、彼は監督として留まって、俳優をやらなきゃよかったのかもな、
この映画。それこそ脇をびっくりするくらいしっかり固めたジェレミーのような
俳優が主役をやればよかった。
(かといってマット・デイモンでもしっくりこないんだな、この役)
大胆で頭がよく、強さも持ち、なおかつ繊細なダグ。
どーもピンとこなかったんだなぁ。ベンベンじゃ。
レベッカ・ホールが上手だっただけに勿体無い。
ラストがそうこなかったら、ある意味「難しい役だから自分で頑張ったんだな」
と思いたいけどね、ラストがあれだからもはや自己満足では、と
思ってしまいました…。
あー。それこそケイシーでよかったのでは?俳優としては私、彼のほうが
才能があるような気がしております。

でも映画としては私、嫌いじゃないです。
気分転換にはなるし、ラストもああだから。
かなり無理があったラストでしたが…。

彼らはあの町にうまれて、当たり前のように育ってきてしまった。
生まれてくる場所さえ違ったならば、こうはならなかったのでは、と
思うのだけれど、そればかりは自分でどうしようもない。
もっともっと早く、クレアみたいに自分とは違う世界に住んでいる人と
出会っていればよかったのに。
ジェムもクリスタも不器用なんだよね。でもそれは回りにお手本がいなかったから。
ただそれだけなんだよね。

ボストンの流れる空のシーンがとっても印象的でした。
ラベル:映画「た」行
posted by minori at 17:28| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(13) | 映画「た」行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。